【性欲を抑える・なくす方法】オナ禁中のムラムラに困ってる男必見!

オナ禁中、性欲を抑えるのがきつい男性へ

オナニーを禁じたまま生活するのって、思ったよりも大変なことですよね。
今現在オナ禁をしている男性の中で、「そろそろ限界かも……」と思い始めている人も多いのではないでしょうか。
そんな時にこそ、あなたの精神力や忍耐力が試されています。
ここを乗り切れば、オナ禁の成功へと一段と近づくことができるでしょう。

ここでは、みなぎる性欲をどのように抑えながらオナ禁生活を継続すればいいのか、その方法をお伝えします。
あらゆる方法を紹介していくので、早速試してみてください。

性欲を抑える・なくす方法

ここからは、具体的に性欲を抑える方法を紹介していきます。
あなたにとって簡単に始められると思える方法から取り入れてみましょう。

①肉料理を控える

性欲が我慢できない人は、もしかしたらお肉をたくさん食べているのではないでしょうか。
肉料理が好きな人は、性欲も強い傾向があります。
精液を作るための栄養素などもたくさん含まれており、食べれば食べるほど性欲が増してしまうんです。

特に控えたいのが、牛肉などの赤肉ですね。豚や羊などもそうですが、こうした赤いお肉はスタミナを増強させるので、どうしても性欲も強くなってしまいます。
オナ禁を成功させたいなら、ひとまず肉料理とは距離を置いた方が良さそうです。

最近は豆腐ハンバーグや大豆を使ってお肉に見立てた食品などいろいろと種類があるので、お肉好きの人はそうしたもので代用してみてはどうでしょうか。

タンパク質の摂取量が減ると、それはそれで健康にも良くありません。お肉の代わりに魚を食べてみましょう。
むしろ魚料理は大正義!タンパク質も摂取できますし、健康に良い食べ物であることは証明されています。
さらに、料理のバリエーションも豊富。お寿司などももちろんOK。お肉料理が口にできなくても物足りなさを軽減できるのではないでしょうか。

さらに、野菜の摂取もおすすめします。野菜も健康を維持するには必要不可欠です。
オナニーをせずにエロ動画なども見ない、それでいて野菜をしっかりと食べるようになれば、正真正銘の草食男子になれますね。
女性が好きな男性のタイプの1つでもありますから、食生活からそうしたタイプを目指してみるのもいいかもしれません。

②運動や筋トレをはじめる

オナニーがしたくてしたくてたまらない人は、ちょっと体力が有り余っているのかもしれません。その体力を削ってしまえば、少しは性欲を抑えることができるでしょう。

そこでおすすめなのが、運動や筋トレを始めてみること。
体を動かして体力を使えば、少なくともその直後はオナニーする気力を落とすことができるはずです。
中途半端な運動だと、逆に脳を興奮状態にして性欲が高まってしまう可能性も出てくるので、そこそこハードな運動がベスト。
無理をする必要はありませんが、「今日はちょっと疲れたから、早く休みたい」と感じるくらいの疲労感を目指して運動することをおすすめします。

特に試してもらいたいのが、筋力トレーニングです。これなら短時間でも疲労感が得られますし、何よりもオナ禁との相性は抜群。
オナ禁との相乗効果で、健康にも美容にも良い男性ホルモンが分泌されやすくなるんです。最速でモテ男になることができますよ。

もし筋トレが苦手なのであれば、有酸素運動でもOK。ウォーキングや軽いランニングだけでも、健康効果はもちろん性欲を抑える効果も期待できます。
持久力がつくことも、有酸素運動を取り入れるメリットです。スタミナを手に入れることで仕事などにも集中しやすくなり、疲れにくい体にすることも可能でしょう。

映像を見ながら自宅でもできるエクササイズもあります。ルームランナーのようなものでもOKですよ。有酸素運動の選択肢は、実は幅広いんです。自分に合ったものを選んでみてください。

健康維持、持久力の獲得、そして性欲の抑制と、有酸素運動は非常に優秀なトレーニングとなります。

もし運動することに体が慣れてきたり、女性にモテるための理想の体に変身したいという欲が出てきたら、そのときに筋トレを始めてみるといいかもしれません。
普段運動をしていない人は、このような流れで徐々に負荷や種目を増やしていきましょう。

③趣味に没頭する

「オナニーしたい!」と思ったら、頭の中がそれでいっぱいになってしまいます。すぐに別のことに意識をそらしてみましょう。
運動や筋トレは毎日行うと体にも負担がかかりすぎてしまうので、別の趣味を持っておくことをおすすめします。

なんでもいいのですが、ある程度長い時間没頭できるものがいいですね。
ゲームでも読書でも映画鑑賞でもカラオケでも食べ歩きでも、没頭できて頭の中から“オナニー”を忘れることができれば、それでOKです。
できれば、外に出る趣味がいいでしょう。家の中にいるとオナニーの誘惑が襲ってきてしまいます。外に出ることでオナニーができない状況に持っていくのも有効ですよ。

性欲は、それがマックスになった瞬間さえ乗り越えれば、また少し我慢できる状態に戻ります。
それを乗り越えるための趣味を1つだけでも持っておくことで、オナ禁達成へと近づくことができるでしょう。

もし性格的にインドア志向で外に出るような趣味が苦手なのであれば、もちろんインドアの趣味を見つけても構いません。

そのようなタイプの男性におすすめしたいのは、手料理やデザート作りですね。

料理などは意外と頭を使います。作業に集中できるので、性欲など余計なものを排除することにも役立つんです。
さらに、料理を覚えればカロリーの計算や食材に含まれる栄養素にも詳しくなり、健康管理能力も身につきます。肉料理を控えても満足できるような魚料理や豆料理、野菜を使った料理などのレシピもどんどんと増えていくでしょう。

そして何より、料理の上手な男性は、女性にモテますよ。器用で頭が良いという印象を持ってもらいやすいからですね。
インドア派としてはこれ以上ない優秀な趣味なので、ぜひ取り入れてみてください。

④豆乳を毎日飲む

豆乳は好きですか?オナ禁生活をしようと思ったら、豆乳を飲む習慣をつけておくといいかもしれません。

豆乳にはイソフラボンという成分が含まれています。これは女性ホルモンと似たような働きをする成分です。
男性の性欲は男性ホルモンが増えることによって生まれます。豆乳を飲んでイソフラボンを取り入れることで、この男性ホルモンを抑えることができるのです。
結果、性欲も抑える効果が期待できるわけですね。
大豆イソフラボンに関しては以下の厚生労働省のページが参考になります。

 

豆乳に関しては、オナ禁を始めて性欲が抑えきれなくなってから飲むのではなく、毎日飲むことをおすすめしておきます。
飲んでいきなり性欲が抑えられるわけではありません。継続して飲むことで、徐々にイソフラボンが働き、衝動的にオナニーをしてしまうことを我慢できるようになるんです。

サプリを使う

性欲を抑えるのに有効なサプリメントもあります。そのようなサプリに頼るのもいいでしょう。

豆乳を飲むと男性ホルモンが抑制されて性欲が減りますという話をしましたが、豆乳ってクセがありますよね。苦手な人も多いのではないでしょうか。また、大豆を使った食材には納豆などもありますが、こちらも少々クセが強め。
大豆イソフラボンを料理から十分に摂取するのは、人によっては簡単ではありません。

大丈夫です、大豆イソフラボンをたくさん含み十分な量が摂取できるサプリも存在しています。それを選択すれば、豆乳や納豆などが苦手な方や、大豆を使った料理を作ったり選んだりできない方でも、毎日大豆イソフラボンを摂取することが可能です。

同じように、性欲を抑える効果が期待できる成分に「ノコギリヤシ」があります。これはアメリカ東部原産の植物なのですが、ノコギリヤシの実は現地の人が昔から薬として用いてきたという歴史もあるほど優秀な植物なんです。
このノコギリヤシから抽出した成分には、男性ホルモンと5αリダクターゼの結合を抑えたりなど、男性ホルモンに働きかける効果があると言われています。性欲を抑制できるのも、こうした働きが関係しているのでしょう。

ノコギリヤシのサプリは比較的簡単に手に入れることが可能です。サプリですから飲みにくさもなく、そこまで高価なものでもありません。経済的にも負担なく続けられるので、是非取り入れてみてください。毎日飲み続けることが、オナ禁成功の秘訣ですよ。

友人と会う

誰か他の人と一緒にいるときにオナニーしたことありますか?さすがにないですよね。
友人などと一緒にいることで性欲が抑えやすくなるはず。オナ禁中に我慢できなさそうであれば、1人でいる時間をできるだけ無くすようにしてみましょう。

できれば男性の友人がいいですね。仕事仲間や家族でも構いません。サークルやオフ会のようなものに参加するのもOK。他人がいる空間に身を置けば、少なくともその間は性欲が抑えられますよ。

限界が近い貴方へ

「もうさすがにヤバイ!」
「限界が近づいている……」
「いつ性欲が爆発してもおかしくない」

オナ禁をしている男性で、こんな感情を持ち始めている人もいるかもしれません。

ここが正念場ですよ。

ここを乗り越えられるかどうかで、オナ禁が成功するか失敗するかが決まります。
めげそうになったらおな禁を継続&成功させるコツ・テクニックという記事を見てください。
オナ禁を成功させるために始めたはずですから、もう少しだけでも我慢してみましょう。
限界が近づいた時こそ、あなた自身が試されています。
大げさではなく、ここを乗り越えられるかどうかで、人生も変わってくるかもしれません。

手がペニスに伸びそうになっている人へ、もう少しだけ性欲を失くすためのコツをお伝えします。
シコってしまう前に、これだけでも試してみてください。

オナニーしてしまったあとの無力感を思い出す

射精した後の脱力感や無力感、これを思い出してみてください。
体だけではなく心も疲れてしまい、人によっては、「なんでこんなことをしてしまったのだろう……」と虚しく感じることもあるのではないでしょうか。

自分で決めてオナ禁をしているにもかかわらず、欲に耐えきれずにオナニーをしてしまったら、その無力感はさらに大きなものになるでしょう。
もしかしたら後悔の念すら出てきてしまうかもしれません。「俺は欲に勝てない男なんだ」などと自暴自棄になってしまう人も出てくるはずです。

そうなるとわかっているなら、ここは我慢をするべきです。オナニーをしてしまったら、それまでの苦労やオナ禁を始める時の決意が全て水の泡。“ダメな自分”だけが残ってしまいます。

一瞬の快楽のために後悔するのであれば、もう少しだけでも我慢する方を選んだ方が、人としても成長できるはず。
限界が近づいてきたらオナニーしてしまった後の虚しい自分の姿や気持ちを思い出してみましょう。

目標・期間をキッチリ定める

オナ禁の期間をあらかじめ決めておきましょう。
ゴールが明確になると、「最低でもここまでは我慢しよう!」と強い意志を持つことができるようになります。
はじめに必ずオナ禁のメリットと効果的な日数について熟読して把握しておいてください。

もし途中で我慢できなくなったのであれば、「明日までは我慢しよう」と、ゴールを近づけても構いません。
1日我慢できたら、また次の日も同じように、「明日までは我慢しよう」と考え、実行すればいいだけ。
それを繰り返すことで、徐々に最初に定めたゴールに近づくことができます。

もし定めた期間をクリアしゴールに到達することができたら、自分にご褒美をあげようと決めておくのもいいでしょう。
ご褒美のために限界を超えて頑張ることは、決して悪いことではありません。
むしろ、オナ禁を成功させるためには、とても有効な方法になるはずです。

ゴールは期間だけではありません。目標を定めることも重要です。

当編集部でオススメするのは、「彼女を作る!」、「モテたことを実感する!」というものですね。

前者は具体的ですが、後者は少し抽象的に感じるかもしれません。「女性に告白される!」、「女性にデートに誘われる!」などでもOK。これなら具体的な目標として設定できるでしょう。そして、この目標を達成するまで努力を続けることもできるはずです。

このサイトは、オナ禁を続けた結果、彼女ができたりモテるようになったり仕事などでも成功を収めた人たちが作り上げたものです。
ぜひ参考にしつつ、オナ禁を継続させてください。
根気強く続けていれば、必ず自分自身を変えることができるでしょう。

まとめ

  • オナ禁は「我慢できないかも」と思ってからが本当の勝負
  • 性欲を増強させる肉料理を控えてオナ禁を乗り切ろう
  • オナニーしたくなったら運動や筋トレで体力を使って性欲を抑えよう
  • 趣味に没頭してオナニーのことを忘れる方法も性欲を抑える効果あり
  • 豆乳には男性ホルモンを抑える効果があり!
  • 限界に近づいたらオナニー後の脱力感や無気力感を思い出してみる
  • 「この日までは頑張る」と期日やゴールを決めると乗り越えやすくなる

オナ禁は、簡単ではないからこそ意味や価値があるんです。ツライと思った時こそ我慢しないといけません。

もしオナニーしたくなってしまったら、お肉を食べることを控えて、豆乳を飲み、運動や筋トレや趣味に没頭して、性欲を抑えてみましょう。
その上で、オナニーしてしまった後の後悔や自己嫌悪などをイメージすれば、より限界を乗り越えやすくなるはずです。
ゴールを決めたり達成した後のご褒美を用意しておくのも効果的ですよ。