オナニーをすると体臭がきつくなる!?臭いとオナ禁の関係性について

体臭を気にしている男性は多いでしょう。もしかしたら、それはオナニーのし過ぎのせいかもしれません。
オナニーと体臭には関連性があることが少しずつわかってきています。

ここでは、オナニーと体臭の関係について説明していきます。体臭を抑制するための方法もいくつか紹介するので、体臭が気になる男性や女性にモテたい男性は参考にしてください。

オナ禁で体臭がなくなる!?


オナニーと体臭は、切っても切り離せない関係性にあります。体臭を軽減させたければ、オナ禁に取り組みましょう。
オナニーの有害性については、医学的見地から見たオナニーというWIKIにもまとめられています。

医者によっては賛否両論意見が分かれるところではありますが、実際のところオナ禁によって、体臭はかなり軽減できます。
人によっては、女性が嫌うような体臭を無くすこともできてしまうでしょう。
体臭によって女性にモテない男性は、何よりもまずオナ禁に励まなければいけないのです。

オナニーは、男性ホルモンのバランスを大きく崩す行為であることがわかっています。
この男性ホルモンのバランスの変化は、体に様々な変化をもたらします。例えば、崩れれば抜け毛が増えたり、肌荒れしたりしやすくなるのです。
そうした変化の中に、体臭の発生があります。

オナ禁を実行することで、男性ホルモンのバランスを保つことがしやすくなるでしょう。これにより体臭の軽減が期待できるのです。

オナニーをすると体臭がきつくなるワケ

オナニーを頻繁にしていると、説明したように、男性ホルモンのバランスを崩してしまいます。ここで注目したいのが、「ジヒドロテストロン」と呼ばれる男性ホルモンです。

ジヒドロテストロンは、もう1つの男性ホルモンであるテストステロンと体内の酵素とが結びついて発生します。
このジヒドロテストロンはオナニーをし射精した時に分泌量が増加するとされています。他にも、アダルト動画を見たり、頭の中でエッチな想像をしただけでも分泌量が増えると言われているのです。

その原因は、先ほど触れた酵素にあります。
この酵素は、「5αリダクターゼ」と呼ばれるもの。過剰なオナニーにより5αリダクターゼが増加。テストステロンと結びつきやすくなり、結果ジヒドロテストロンが大量発生し、体臭がきつくなるというわけです。

また、精子には亜鉛が含まれています。亜鉛が体内から減ると5αリダクターゼが増加するとも言われています。
精子の放出量が増えることで5αリダクターゼが増え、ジヒドロテストロンの分泌量が増えてしまうのです。体臭がきつくなるのは必然というわけですね。

オナ禁は体臭軽減に効果が期待できるでしょう。しかしオナ禁をリセットすれば、体臭は再び復活します。こればかりは体の仕組みなので、しょうがありません。

体臭に困ってるならオナ禁をするべし

オナ禁を開始すると、早ければ1週間ほどで効果が実感できるでしょう。スタートから10日以内に、「体臭が薄くなったかも」と感じる男性は少なくありません。

オナ禁による体臭減少効果には個人差があります。1週間や10日間で効果が実感できなくても諦める必要はありません。大事なのは、オナニーを禁止した状態を継続することです。
また、一気に体臭がなくなる人もいれば、2週間、3週間と続けることで徐々に消えていく人もいます。逆に、一定程度体臭が減ったら、その後、体臭の減り方が鈍化する男性も出てくるでしょう。

最低でも1ヶ月はオナ禁を続けてください。きっと効果が実感できるはずです。

デオドラントに頼る前にオナ禁を試そう

オナ禁による体臭対策の最大のメリットは、デオドラントなどに頼らなくても良い点です。
制汗剤などは確かに便利ですが、使い続けるとお金がかかります。一方のオナ禁は無料です。オナニーを控えるだけで体臭が改善されるので、デオドラント系製品に頼るよりもずっとコスパがいいんです。

また、制汗剤などは一時的にニオイをごまかしているに過ぎません。根本的な解決にはならないでしょう。
体臭がひどい人の場合には、制汗剤などでニオイを抑えられないケースもあります。むしろ体臭と制汗剤のニオイが混じり合って、逆効果になってしまうことすらあるのです。

体臭を根本的に解決し女性から好かれるためには、オナ禁を試してみることをおすすめします。コスパ的にも、これ以上メリットの大きな体臭改善策はありません。

それでも体臭がきついなら

体臭には、様々な原因が考えられます。オナ禁をしても、そのほかの原因がそのままでは、体臭減少効果は小さいままかもしれません。
もしオナ禁を継続しても思うように体臭が改善されないなら、食生活を見直してみましょう。

お肉を食べ過ぎてはいませんか?肉類は体臭を強くしてしまうと言われています。たんぱく質は体の中でアンモニアを発生させてしまうからです。
揚げ物など、油の摂り過ぎにも注意しましょう。油は体内を酸化させてしまいます。酸化は老化へと繋がる現象で、これが体臭の原因となっていることが少なくありません。
お酒の飲み過ぎにも要注意。体内で分解される過程でアセトアルデヒドを発生させ、体臭をきつくしてしまいます。

体臭が気になる人は、野菜や果物をたくさん食べるよう心がけましょう。また、キノコ類や根菜、海藻類など食物繊維が豊富な食材もおすすめです。体内を綺麗にする働きを持っているからです。
納豆やヨーグルトなどの発酵食品や、梅干しやレモンなどに含まれるクエン酸の摂取も体臭抑制には効果的です。

体臭が消えるまでは柔軟剤や香水を使おう

オナ禁をし、食生活を見直しても体臭が気になる方は、“ニオイ製品”に頼るのも一つの手段でしょう。
例えば柔軟剤。最近はとても良い香りの柔軟剤が多々発売されています。自分の好きなニオイのものを洗濯の際に投入しましょう。衣類に香りがつき、体臭が気にならない状態を作り出してくれます。

香水を使うのもいいかもしれません。こちらも様々な香りのものが出ています。お好きなものや女性が好むものを選ぶことで、体臭を気にせずに生活できるようになるはずです。

ただし、柔軟剤や香水はあくまでもオシャレやマナーの一環として使うことを心がけてください。まずはオナ禁などで根本的な解決を考え、実践することが先決です。

まとめ

  • オナニーを頻繁にすると男性ホルモンのバランスが崩れ体臭発生へとつながる
  • オナ禁を継続すると「ジヒドロテストロン」の発生が抑えられ体臭減少が期待できる
  • オナ禁をリセットすると抑制された体臭が復活するので要注意
  • オナ禁開始1週間ほどで体臭が消えたと実感する人もいる
  • デオドラントよりもコストパフォーマンスに優れるオナ禁を試してみよう
  • 食生活を改善することでも体臭を減少させる効果が期待できる
  • 体臭の大敵は肉類、揚げ物、お酒など
  • 野菜、果物、発酵食品、クエン酸には体臭抑制効果がある
  • どうしても体臭が消えなければ柔軟剤や香水などを使うのもアリ

オナ禁によって体臭が減った、気にならなくなったという男性は少なくありません。男性ホルモンの働きなどで、これはとても信憑性があるものとなってきています。体臭が気になる男性は試してみる価値があるでしょう。

効果には個人差がありますが、コスパなどを考えれば試さない理由はありません。制汗剤などでニオイを抑えるよりも、体臭を根本的に解消できるのもオナ禁のメリットです。食生活の見直しも含め、体臭ゼロを目指してください。