オナ禁×筋トレでテストステロンを最大限引き出す!その効果について

オナ禁に関係する「テストステロン」とは

オナ禁を始めると、体の中で「テストステロン」の分泌量が増加します。これは、男性ホルモンの一種です。

テストステロンは、オナニーをする瞬間に分泌量が増えることもわかっています。しかし、射精したあとは急激に分泌量が減ってしまうのです。
しかも毎日オナニーする人は、テストステロンが増えにくくなるとも言われています。

テストステロンは、脳や筋肉、内臓、皮膚や髪の毛などに良い効果をもたらしてくれる大事なホルモンです。
オナニーをしまくることで分泌量が減ってしまったら大変ですよね。

オナ禁でテストステロンが増えれば、心も体も女性の反応も、きっと変わってくるでしょう。
そして、これはオナ禁の最大のメリットと効果の一つです。

オナ禁でテストステロンが増えるとどうなる?

オナ禁をしてテストステロンが増加すると、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

特に注目してほしい効果やメリットについて説明していきます。

筋肉がついて男らしい体つきになる

テストステロンは、男らしい体つきにする役割を持っています。
男らしい体つきと聞いて、どんな肉体をイメージしますか? 筋肉があって、骨太な感じではないでしょうか。
テストステロンは、まさにそういう体を作る働きをしているんです。

ボディビルダーの中には、筋肉を大きくするために筋肉増強剤を飲む人も少なくありません。いわゆるステロイドと呼ばれるものですね。
テストステロンは体の中で作られる天然のステロイドホルモンです。これがたくさん分泌されると、ステロイド効果で筋肉がついて男らしい体つきになるわけです。

男性でも年をとると、徐々に筋肉が衰えてきます。これはテストステロンの分泌量が減るためです。
逆に、テストステロンをたくさん出し続けることができれば、カッコイイ筋肉質の体を保てます。テストステロンと筋肉の関係は密接なのです。

モテるようになる

「テストステロンが増えると、女性にモテるようになる」
と言われているとおり、その根拠はいくつかあります。

まず、女性は男性ホルモンにとても敏感です。女性が「イケてる」と感じる男性は、「イケてない」と感じる男性よりもテストステロンの分泌量が多いという欧米の研究結果もあるほどです。
女性は、自分や子供たちを守ってくれる男性を本能的に選んでいるのでしょう。
筋肉をつけてくれるテストステロンの分泌量が多い男性に惹かれるのも、ごくごく自然なことなんですね。

また、テストステロン値の高い男性は、ペニスが大きい傾向があるそうです。テストステロンが増えれば、女性を満足させてあげられる能力もアップします。

加齢に伴ってテストステロンが減るのは述べた通り。つまり、テストステロンが増えると若々しく見えるとも言えます。
これも女性にモテるようになる理由ですね。

やる気の向上

テストステロンの増加は、精神面にも大きな効果をもたらしてくれます。例えば、やる気や活力が向上する効果が期待できるんです。

テストステロンの分泌量の多い男性は、積極的で、チャレンジ精神旺盛で、行動力があることがわかっています。
見た目だけではなく、心の面でも男らしいわけですね。

何に対してもやる気が出ないことに悩んでいる人は、テストステロンを増やすことで変われるかもしれません。
無気力状態や消極的な考え方を治せる可能性もあるでしょう。

テストステロンが増えると、不安も感じにくくなります。これによって社会性が生まれ、リスクを恐れずに行動できるようになるはず。
我慢強くなる効果も知られているので、忍耐力もつけることにも繋がります。
積極的に女の子にアプローチできるメンタルも手に入れられるということですね。

生活習慣病の予防

テストステロン値の低下は生活習慣病と関連することから、加齢に伴う性腺機能低下症 late onset hypogonadism: LOHが注目されています。

引用元:メンズヘルス外来 | 順天堂大学・順天堂医院泌尿器科

上記のサイトの通り、テストステロン値と生活習慣病は密接な関係にあります。
テストステロンの分泌が減ると、血管関連の病気になりやすくなります。筋肉量が落ちるので脂肪が増えてしまいますし、コレステロール値も上昇しやすくなるんです。
その状態が続くと、生活習慣病をはじめとした大きな病気にかかりやすくなってしまうでしょう。
テストステロンを増やすことは、こうした病気の予防にもつながるわけです。

性機能や認知機能が低下している人に対して、テストステロンを補充して症状を改善させる治療も行われています。
テストステロンの減少は、それだけ人体に悪影響を及ぼすということですね。

裏を返せば、若いうちからテストステロンの分泌を増やしておくことで、病気になりにくい体を作ることが可能です。
性機能も正常に保てますから、もし女の子とセックスすることになっても、自信を持って行為に及ぶことができますよ。

オナ禁でテストステロン値を上昇させるには?

オナ禁を行うとテストステロンの分泌量を増やすことができるのですが、その知識と一緒に、テストステロン値の増え方も知っておきましょう。

体内のテストステロン濃度が濃くなるのは、オナ禁を始めてから6日から7日目です。それまではほとんど変化は見られません。6日後に上昇し、7日目にピークを迎えます。

つまりオナ禁をしても、5日以内にリセット(オナニーをしてしまうこと)しては意味がないのです。
テストステロン増加の効果を実感したいなら、最低でも1週間はオナ禁するようにしてください。
ちなみにですが、射精しなくてもペニスをいじったりアダルト動画を見たりするだけで効果は薄れてしまいます。
オナ禁を始めたらエッチなことは一切考えないことも、テストステロン値を上昇させるコツになります。

オナ禁と併用して行いたいテストステロンを増やす方法

オナ禁でテストステロン値は上昇するのですが、ピークを迎えるまでとピークを迎えた後も重要です。
ピークの前後で何をするかによって、テストステロンのトータルの分泌量が変わってくるんです。

オナ禁開始直後からテストステロンの分泌量を増やす方法を紹介していきます。ぜひ実践してみてください。

オナ禁中の筋トレ

テストステロンは筋肉をつけてくれますが、逆に筋肉をつけることでテストステロン値を上げることも可能です。
筋トレをオナ禁と一緒に行えば、効率よく、しかも大量のテストステロンを分泌させることができます。

筋肉はトレーニングした後に休ませてあげなければ成長しません。
毎日筋トレしてもOKですが、その場合は、異なる部位を鍛えるようにしてください。
同じ部位のトレーニングは週に2〜3回程度にしておきましょう。

できるだけ強い負荷での筋トレを、短い時間で行うのもポイントの一つ。
緩い筋トレでは、テストステロンが効率よく分泌してくれません。
しかし、強度の高い筋トレを長時間やると体が壊れてしまいますし、ストレスも溜まって逆効果に…………。テストステロンの分泌も抑えられてしまうでしょう。

時間を決めて集中的に行うことを心がけてください。これで、オナ禁との相乗効果を最大化することができるはずです。

亜鉛を摂る

テストステロンを増加させるためには、栄養をしっかりと蓄えることも重要です。
各栄養素をバランスよく摂取したいのですが、特に取り入れてもらいたいのが亜鉛です。

テストステロンと亜鉛には、強い関係性があることがわかっています。
体内の亜鉛の濃度が高い男性は、テストステロンの分泌量が多いのです。
亜鉛を積極的に摂取すればテストステロン値を正常化したり、分泌量が少ない人は増やすことができるでしょう。
実際に、亜鉛を積極的に取り入れることでテストステロン値が上昇したという報告もあります。
オナ禁生活と並行して摂取することで、常にテストステロン値が高い状態をキープできるはずです。

手軽に亜鉛を摂取するには、サプリを飲むことをおすすめします。
サプリは特定の栄養素を効率よく摂取できる栄養補助食品です。
男性機能を高めてモテるようになりたい男性なら、亜鉛は絶対に外すことができない栄養素となるでしょう。

お酒を控える

お酒が好きな人には酷な話ですが、テストステロンを減らしたくないのであれば、過度な飲酒は控えましょう。
特にビールは要注意です。ビールを飲みすぎると、原料に含まれているナリンゲニンという物質がテストステロンの量を減らしてしまう恐れがあります。
この物質は女性ホルモンのような働きをします。これが体内に多く蓄えられると、男性ホルモンの分泌や効果が抑制されてしまうんです。

また、アルコールは睾丸にも悪い影響を与えることがわかっています。睾丸はテストステロンを分泌する工場のようなもの。
ここの働きが悪くなれば、テストステロンは効率よく分泌されません。

適度に飲む程度ならOK。ただし、毎日大量に飲むと確実にテストステロンは分泌されにくくなってしまいます。
健康にもよくありませんから飲酒量を抑えるか、週に数日は飲まない日を作るようにしてください。

オナ禁と筋トレはセットで行うのがおすすめ

オナニーをしばらく我慢するだけでも、適度に男性ホルモンが分泌されて男らしさを出すことができます。
オナ禁を継続させるには性欲にも勝たなければいけないので、精神力を鍛えることもできるでしょう。

でも、それだけで急に女性にモテ出すというのは、ちょっと難しいかもしれません。
さらに男らしさを磨いて女性に振り向いてもらうために、筋トレも一緒に行うことをおすすめします。

すでにジム通いなどをしていて日頃からウエイトトレーニングをしている男性は、それを続ければOKです。
筋トレをする習慣がない男性は、オナ禁生活開始と同時に筋トレも始めてみてください。
ただオナ禁をするだけよりも、もっと大きな効果を感じることができるでしょう。
健康にもなるし肌質や髪質も良くなって、男らしい雰囲気へと変わるので、モテるようにもなりますよ。

オナ禁×筋トレで得られる効果

オナニーをしない生活と筋トレをする生活、同時に取り入れることで得られる効果を紹介していきます。

紹介するのは、実際に体感している人の多い効果や、科学的に証明されている効果ばかりです。是非その効果を実感してください。

①テストステロン値が上昇し男らしくなる

オナ禁を開始してから6日目に、テストステロンの分泌が急激に盛んになることがわかっています。
7日目にはその量がさらに増え、オナ禁の効果が次第に感じられるようになるでしょう。

テストステロンというのは、男性ホルモンの一種です。筋肉がつきやすくなったり、髪の毛や肌の質を良くする働きを持っています。
女性を惹きつけることができるのも、このテストステロンのおかげなんです。
実際に医学的な根拠もあります。

テストステロンが年齢とともに低下しますと、筋肉量と筋力も落ち、また肥満、糖尿病や循環器病の発症に繋がるというエビデンスがあります。

引用元:テストステロンと筋肉の関係 | 日本Men’sHealth医学会

テストステロンの量が多いほど、筋肉質でたくましくなります。体つきや顔つきに男らしさが出てくるわけですね。

そんなテストステロンは、筋トレをすることでも分泌を促すことが可能です。
オナ禁と筋トレを同時に行えばテストステロンがドバドバと分泌され、より男らしい自分を手に入れることができるでしょう。

日常的にオナニーをしている人よりも、筋トレ効果も感じやすいはず。
短期間で細マッチョになりたい男性も、オナ禁しながら筋トレする方法をおすすめします。

②ストイックな自分に自信が持てるようになってくる

オナ禁を続けるには、強い精神力を持っていなければいけません。オナニーを禁止した瞬間から性欲が襲ってきますからね。
筋トレも同じように、精神力が鍛えられる行為です。
メンタルが弱いと甘えが出てしまい、最初に決めた回数を上げずに筋トレを終えてしまうでしょう。

どちらも、ストイックでなければ続けることができません。

だからこそ、もしオナ禁も筋トレも同時に行うことができれば、自分に自信が持てるようになります。
3日、4日と続けば、その自信はどんどん大きくなっていくでしょう。

自信がつけば、前向きにもなれますよね。全てのことに対してポジティブに考えることができるようになるんです。
日々の生活にハリが出てきて、充実感を感じられるようにもなるでしょう。

オナ禁や筋トレをすることで分泌されるテストステロンは、自信や活力、やる気などを感じさせてくれる作用も持ち合わせています。
他にも筋トレには、集中力を上げるドーパミンや、無気力状態を改善させてくれるセロトニン、気分を高めてくれるノルアドレナリンなどの脳内物質を出す効果も期待できます。

オナ禁&筋トレの相乗効果で、楽しく生き生きとした毎日を過ごせるようになるでしょう。

③健康的になる

オナニーする人は、夜寝る前にやる人が多いのではないでしょうか。
射精すると脳が興奮状態になるので、オナニー直後は眠りにつきにくくなる人も多いです。
パソコンやスマホでエロ動画を見て強い光を浴びてしまうことも、睡眠の妨げになります。
オナ禁を実行すればこうした弊害がなくなるので、よく眠れるようになりますよ。筋トレも一緒に行えば、体も適度に疲れて、より睡眠の質が良くなります。

オナ禁や筋トレをしてテストステロン値が上がると、細胞が活性化します。
血管も強くなり、血糖値や内臓脂肪、コレステロール値も正常な値になります。
筋トレは血流を良くしてくれるので、栄養素も全身にくまなく行き届かせることができるでしょう。冷え性なども改善されやすくなりますね。
こうした効果によって、体をより健康に保つことができるんです。
風邪もひきにくくなりますし、ダルいと感じることも少なくなるはずです。

また、筋肉がついてくれば、体が軽く感じるようにもなります。
体力もつくので疲れにくくなり、ストレスも溜まりにくくなるでしょう。
食べる量も増えるかもしれません。そうなれば、より多くの栄養素を取り入れることもできます。
筋トレで太りにくい体になることで、肥満防止の効果も発揮。健康にとってメリットしか感じられないはずです。

若い人はまだピンとこないかもしれませんが、オナ禁と筋トレを継続すれば生活習慣病の予防にもなりますよ。
骨も強くなりますし、健康寿命も確実に延ばせるでしょう。

シコりたくなった時に筋トレをするのもおすすめ

オナ禁は、性欲との戦いです。初心者が、何の抵抗感や葛藤もなく目標のオナ禁日数を達成するのは簡単ではありません。
最中は、どうしてもシコりたくなる衝動に駆られる瞬間が訪れるでしょう。瞬間どころではないかもしれませんね。

そんな時にも、筋トレがおすすめです。
我慢できなくなった時に腕立て10回、いじりそうになってしまった時にスクワット10回。これだけでも気分を紛らわせる効果が期待できます。

筋トレの最中はもちろんですが、トレーニング直後も性欲はさほど感じないのではないでしょうか。
性欲を筋トレという行為で発散しているためです。
性欲を抑えるための筋トレが、さらに男らしい肉体を作って健康状態も良くしてくる、まさに一石二鳥ですよね。

腕立てや腹筋、スクワット程度なら、自分の部屋の中でもできるでしょう。ダンベルなどを用意してもOKです。
もちろん、思い切ってジムに行くのもありですが、若い女性のいるようなジムは要注意!
逆に性欲が増してしまって、筋トレに集中できない可能性も出てくるので、オナ禁中は男性や高齢者の多い施設を選ぶことをおすすめします。

筋トレをサポートしてくれるグッズ

筋トレは、中途半端にやると中途半端な効果しか期待できません。やるからには、それなりに本格的に行うことをおすすめします。
オナ禁効果を最大限引き出すためにも、準備をしっかりと整えてから取り組みたいですね。

そこで紹介したいのが、筋トレをサポートしてくれるありがたいグッズたち。すぐに手に入れられるものを紹介するので、ぜひトレーニングに取り入れてみてください。

加圧Tシャツ

画像引用元:https://www.joinus1980.com/SHOP/3B-3771.html

加圧Tシャツというものを知っていますか?形状は普通のTシャツです。しかし、体に負荷をかけるような設計で作られています。

加圧トレーニングという言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。
腕や足などに圧力を加えることで、小さな負荷で大きな効果を生み出すことができるトレーニング方法のことですね。
加圧Tシャツは、それと同じ効果を上半身全体に生み出すことができるグッズなんです。

いくつか種類はありますが、特におすすめしたいのは『SIX-CHANGE』。スーツや普段着の下着としても使えるアイテムです。
着ながら日常生活を送るだけでもその効果が実感できます。
姿勢が良くなって引き締まって見える効果もあるので、だらしない体や猫背なども、これを着用した瞬間に改善できますよ。

『SIX-CHANGE』は、耐久性や吸水性、速乾性などに優れている“スパンデックス”という特殊な素材をしています。フィット感はありますが、不快感はありません。
オナ禁と筋トレの相乗効果をいち早く感じたい人は、ぜひ試してみてください。

SIX-CHANGEのサイトはこちら



プロテイン

筋トレといったら、プロテインですよね。普段飲む機会がない人も、トレーニングを始めるなら絶対に飲んでおくべきです。筋トレ効果の出方が全然違いますよ。

プロテインとは、たんぱく質のこと。筋肉や臓器、骨や血管、髪の毛や皮膚などは、たんぱく質の塊です。
人間の体はたんぱく質で構成されていると言っても過言ではありません。
筋トレをしながらプロテインを摂取すると、効率よくたんぱく質が吸収されるので、より筋肉がつきやすくなるんです。
もちろん、髪の毛にコシを出したり肌を強くする効果も期待できますよ。

プロテイン商品にも、実は良し悪しがあります。含まれているたんぱく質の種類が違ったり、吸収効率に差があったりするんですね。
また、たんぱく質以外の成分でも、筋トレ効果が変わってくることがあります。

プロテイン選びに慣れていない方におすすめしたいのが、ファインスポーツの『HMB PROTEIN 18000』。
これに含まれているのはホエイプロテインです。プロテインの中でも、最も筋トレ効果が実感できるタイプのたんぱく質ですね。
さらに、HMBカルシウムが含まれています。これは筋肉をさらに強くしてくれるとして、近年注目を集めている成分。
たんぱく質とHMBカルシウムを同時に摂取できる贅沢なアイテムが『HMB PROTEIN 18000』なんです。

HMB PROTEIN 18000のサイトはこちら



これを飲んで筋トレをすれば、より早く理想の自分に近づくことができるでしょう。

オナ禁と筋トレはセットで行うのがおすすめ
オナ禁&筋トレでテストステロン分泌量が倍増
テストステロン値が上がることで自信がつきやすくなる
筋肉がついて健康的にもなって一石二鳥
筋トレによる性欲抑制効果でオナ禁を乗り切ろう
加圧Tシャツやプロテインの導入で筋トレ効果アップ

男を磨くためにオナ禁を取り入れるなら、筋トレも一緒にやるべきです。
オナ禁も筋トレも、男らしさを作ってくれるテストステロンの分泌量を増やしてくれます。精神的にも肉体的にも良い効果が期待でき、相乗効果で劇的な変化を実感することができるでしょう。

筋トレ効果をさらにアップさせるために、加圧Tシャツやプロテインの導入もおすすめです。
筋トレには性欲を抑える効果もあるので、オナニーの我慢がツラい時こそ、筋トレで乗り越えましょう!

まとめ

オナ禁は男性ホルモン「テストステロン」の増加に効果的
テストステロンとは、女性にモテるために欠かせない男性ホルモンのこと
テストステロンが増えると筋肉がついて男性らしい体になれる
テストステロン増加でやる気や積極性やチャレンジ精神もアップ
病気の予防も期待できるテストステロン
オナニーを禁止してから7日目にテストステロンの分泌量がピークになる
テストステロンを増やすには筋トレ&亜鉛の摂取が効果的
過度な飲酒はテストステロンの減少の原因になるので要注意

男性が男性らしくいられるのは、男性ホルモンの一種「テストステロン」のおかげです。
オナ禁開始1週間で分泌量が最大となる他、筋トレをしたり、亜鉛をサプリなどで摂取することでも増やすことができます。
ぜひオナ禁と並行して行いたいですね。

テストステロン量が増えると筋肉がつきやすくなり、やる気が出るなど精神面にも効果絶大。女性から見て、魅力的な男性になることができるでしょう。