オナニーはニキビの原因?オナ禁で肌荒れをなくそう

普通に生活していれば、まさかオナニーがニキビと関係しているなんて思わないでしょう。でもどうやら、この2つには関連性があるようです。

オナニーとニキビは、一体どのような関係にあるのでしょうか。ニキビに悩んでいる男性は、ぜひチェックしておきましょう。
ニキビがあると不潔だと思われ、女性にもモテません。今日を機に、新しいニキビ対策へと乗り出してください。

オナニーをするとニキビが増える?

男性のオナニーは、ニキビを増やします。これが事実です。まずは、この事実としっかりと向き合いましょう。
では、なぜオナニーをするとニキビが増えてしまうのでしょうか。それにはある男性ホルモンが関係しています。

テストステロンという男性ホルモンがあります。これは男性が男らしさを保つために必要不可欠なホルモンです。オナニーをすると、このテストステロン値が増加後、急激に減ることがわかっています。

このテストステロン自体は全く悪いものではないのですが、これが体内である酵素と結合すると、とても厄介な男性ホルモンへと変わります。
その酵素とは5α-レダクターゼです。そして、この5α-レダクターゼとテストステロンが結合して発生するのが「ジヒドロテストロン」と呼ばれるホルモンです。

このジヒドロテストロンは、皮脂の分泌を促す働きを持っています。毛穴などに皮脂が溜まると炎症を起こし、また、その皮脂がアクネ菌のエサとなりニキビとなって現れます。

そしてこのジヒドロテストロンは、テストステロンの減少により増加するとも言われています。テストステロン値が減ると、それに危機感を感じた体が5α-レダクターゼとの結合を促し、ジヒドロテストロンの量が増加するのです。

オナニーをするとテストステロンが減ることは説明した通り。つまり、ジヒドロテストロンが増え、皮脂増加へとつながり、ニキビが増えてしまうというわけですね。
オナニーが日常化している男性は、ニキビもできやすい肌になっていると自覚しておきましょう。

オナニーでニキビが増える原因

オナニーで疲れが溜まるから

オナニーでニキビが増える根本的な原因は、説明したようにジヒドロテストロン増加により皮脂が多く分泌されてしまうことです。しかし、他にもオナニーでニキビが増える原因があります。
その1つは、オナニー疲れによるものです。

オナニーで射精をすると、疲労感に襲われますよね。もう何もできない、何もしたくないと思う人もいるのではないでしょうか。
仕事や勉強などを一通り済ませ、1日の終わりに行うオナニーであれば、なおさら疲労感を感じてしまうでしょう。
疲労は、言い換えればストレスです。ストレスを抱えた状態が続けば、肌に悪影響を及ぼすことは容易に想像できるはず。

さらに、オナニーは睡眠の質を下げることもわかっています。睡眠がしっかりと取れなければ、これも肌にはよくありません。
疲れが取れず、ニキビが増えてしまうわけですね。

オナニー後の不衛生

オナニーのあと、丁寧に顔を洗う男性は少ないでしょう。しかし、それがニキビ増殖の原因となります。

説明したように、オナニーは皮脂を増やしてしまいます。皮脂はニキビの原因菌であるアクネ菌の大好物。そのまま眠りについてしまえば、寝ている間にアクネ菌が繁殖し、ニキビができやすくなってしまうでしょう。

朝起きた時に新しいニキビができている人は、不衛生なまま寝てしまったことが原因だと思ってください。そしてそれは、オナニーした後、そのままお風呂にも入らず、洗顔もせずに寝てしまうことが影響しています。

ペニスを触った後に、その手で顔などに触れれば、この行為によっても不衛生な状態を生み出してしまうでしょう。
ニキビの原因を新たに作ることになるので、できればオナニーを控え衛生状態を保つべきです。

オナニーをしたことによるストレス

ストレスにはすでに少し触れていますが、オナニーをすることで体の疲労とはまた異なるストレスも感じることになるでしょう。あえて言うのであれば、心のストレスですね。

オナニーをしている男性は、いわば興奮状態の中にいます。また、射精した後に後悔する人も少なくないのではないでしょうか。
この気持ちの落差が精神的なストレスを生み出す原因となります。
「1人で何をしているんだろう…」と虚しさを抱く男性もいるでしょう。これも心のストレスになりますよね。

こうした虚しさや寂しさを含めた後悔を日々感じることになれば、肌への影響も悪化するに決まっています。ストレスで病気になる人さえいるわけですから、ニキビの原因となっても不思議ではありません。
特に心の変化が体の変化に現れやすい人は注意してください。ニキビができやすい、そして治りにくい原因はオナニーにあるかもしれませんよ。

オナ禁で肌の悩荒れをなくす

オナニーをするかしないかによって、男性ホルモンの分泌量が大きく変化します。
ニキビの原因となるのは、皮脂を増やす働きを持つ男性ホルモンのジヒドロテストロンです。オナニーを日常的にしていると、このジヒドロテストロンが増え、ニキビの原因となるわけですね。

オナニーをしない生活を送る、つまりオナ禁生活を続けることで、ジヒドロテストロンの分泌を抑えることが可能です。つまり皮脂の分泌が抑えられ、肌のアクネ菌のエサを断つことができるのです。ニキビをはじめとした肌荒れの改善が見込めるでしょう。

オナ禁を実行すれば、衛生状態を保つことにもつながります。お風呂上がりに清潔なまま眠りにつくことができ、また、ペニスに触れないことで顔に余計な菌を移してしまうことも防げます。

さらにはオナニーによる体の疲れを溜めずに済み、射精後の虚しい気持ちも感じずに済むはず。これにより、肉体的ストレスと精神的ストレスの両方から解放されるでしょう。
ストレスが溜まらなければ、健康状態を保つことができます。当然、肌の状態も改善し、肌荒れをなくすことさえできるのです。

オナニーによる肌荒れを他になくす方法

オナ禁で、全ての肌荒れが改善されるとは限りません。ある程度改善されたとしても、ツルツルスベスベの肌になるには、他にも努力が必要でしょう。
ここからは、オナ禁と一緒に試してもらいたい、ニキビを含めた肌荒れを治す方法を紹介していきます。全てを同時進行で行えば、肌荒れ改善までの期間もずっと短くなるはずです。

フェイシャルケアをする

肌のお手入れはしていますか?肌が綺麗な人は、性別に限らず、必ず毎日のお手入れを欠かしません。

1日の終わりには、しっかりと顔を洗いましょう。ただお風呂に入ればいいだけではなく、丁寧に顔を洗うことを意識してください。
肌に優しい洗顔料を使い、泡で洗うなど刺激を最小限に抑えながら洗うのがコツです。

洗顔の後は、必ず化粧水や乳液、クリームなどを使い保湿しましょう。肌荒れの原因は水分が足りないケースが多いです。毎日保湿をすることで、だいぶ肌の感触が変わってくるはずです。ニキビの原因となる菌の増殖も抑制できますよ。

洗顔料や化粧水、乳液などは、肌に合うものが個人個人で異なります。色々と試し、自分に合ったものを見つけることも重要です。

睡眠をしっかりとる

学校の勉強や仕事で忙しい人も多いでしょう。それでも睡眠はしっかりととるようにしてください。
睡眠は、健康維持のために欠かせない習慣です。睡眠が不足すれば細胞が正常に生まれ変わることができず、肌が荒れてしまいます。ストレスも解消することができないため、心と体、両方に負荷がかかってしまい、肌の状態はひどくなるばかりでしょう。

長時間寝ればいいというわけでもありません。睡眠の質も重要です。
運動などをし、適度に体を疲れさせてあげることが大事。また、寝る前の飲食は控え、強い光を浴びることも避けてください。スマホやパソコン、テレビなどは早めに消し、脳を落ち着けた状態で布団に入るようにしましょう。

布団や枕も、体に合ったものを選びたいですね。これもお店などで色々と試してみるといいかもしれません。布団や枕を変えるだけでも睡眠の質は劇的に変わります。肌荒れを本気で治したいなら、こうしたところからこだわってみてください。

清潔を保つ

肌の衛生状態に無頓着な男性がとても多いです。それではニキビも消えてはくれません。オナ禁を始めたところで、肌が清潔に保たれていなければ意味がないでしょう。

肌を常に清潔に保つことを心がけてください。
汗をかいたら拭きましょう。排気ガスなどが舞う空気の悪い空間や、ホコリの多い部屋などで長時間過ごすのは避けなければいけません。顔を拭くタオルも清潔なものを用意しましょう。手でベタベタと顔を触るのも、衛生上よくありません。

こうした点に気を付けるだけで、随分と肌を清潔に保てるようになります。
実際にうちの編集部の1人が、フェイシャルケアや睡眠、衛生面に気を付けつつオナ禁を続けた結果、ブツブツザラザラとした肌からツルツルの卵肌に生まれ変わることができました。ニキビもなくなり、ニキビ跡も綺麗になりましたよ。本人も周りもビックリしていました。

しっかりとやれば効果は必ず付いてきます。全てを同時進行で行うのは大変に感じるかもしれませんが、ニキビを治して綺麗な肌を手に入れ、結果的に女の子にモテるようになると思えば努力する価値はあるでしょう。

まとめ

  • オナニーをするとジヒドロテストロンが増加しニキビが増える
  • オナニーは体と心を疲労させ、それもニキビを増やす原因に
  • ニキビを治す方法の1つがオナ禁
  • オナ禁と一緒にフェイシャルケアをすると肌荒れ改善効果アップ
  • 睡眠の質を上げ肌を清潔に保つことでもニキビ解消効果が期待できる

オナニーは、男性ホルモンのバランスに大きな影響を与える行為です。特にオナニーをすることで分泌量が増えるジヒドロテストロンは、皮脂を増やす働きがあるため、ニキビができやすい肌を作り上げてしまいます。
オナ禁をすればジヒドロテストロンが減少し、ニキビをはじめとした肌荒れを解消することができるでしょう。

ストレスや不衛生などもニキビの原因となります。オナ禁と並行して保湿に気を配ったり、睡眠の質を上げたり、肌を清潔に保つことを心がけてください。それによりストレス解消や肌質向上へとつながり、ニキビも確実に減っていくはずです。