【正しいオナ禁方法】オナ禁を継続&成功させるコツ・テクニックを解説

正しいオナ禁の方法・継続のコツとは?

「オナ禁をすれば女の子にモテるようになる!」
とはいっても、気持ちのいいオナニーを我慢するのは、そう簡単ではありません。

そんなオナ禁を、できるだけ長く続けるためのコツや方法を紹介します。
参考にしながら、オナ禁マスターになって女の子にモテる男になりましょう!

「オナ禁」を強く意識しすぎない

「ダメ」と言われることや、“してはいけない事”をしてしまいたくなるのが人間というものです。オナニーも同じ。
「オナニーをしたらダメ」と強く意識して我慢をしていると、頭の中が“オナニー”で支配されてしまいます。これでは逆効果ですよね。

オナ禁を成功させるためには、オナニーという行為をできるだけ忘れるのがコツ。
そのためには、日頃からオナニーそのものを頭に思い浮かべないことが大切になってきます。

オナ禁を始めると、「オナニー禁止」などの張り紙を部屋の壁などに貼る人がいます。決意表明としては素晴らしいですね。
でも、いつも目に入るところに「オナニー」という言葉があると、どうしても意識せざるを得ません。

もっとフラットな意識で過ごしましょう。考えるから、したくなるんです。
意識してしまいそうになったら、別のことをして気をそらしてみてください。
いろんなことに同時に集中することは難しいので、仕事や趣味に没頭するだけでも、オナ禁への意識を薄くすることができますよ。

オナニーしたくなったら筋トレをする

何をやって気を散らせばいいのかわからない時は、筋トレをしてみましょう。
ジムに行って本格的に運動をするのもいいですが、家の中での筋トレでも十分に効果は期待できます。

オナ禁と同じで、筋トレにはモテるための男性ホルモンを増やす効果があります。その効果だけでも、トレーニングをする意味がありますよね。
他にも筋トレには、集中力が上がったり、頭の中をスッキリとさせる効果もあるんです。
効果的な筋トレ方法は↓のサイトの記事が参考になります。

 

この頭の中をスッキリさせる効果によって、ストレスの発散にもつながります。
「オナニーしたい!」という気持ちがストレスになってしまったら、体には逆に悪いですよね。
筋トレをすることでオナニーせずにスッキリ感を味わうことができます。
また新たな気持ちで、オナ禁生活を続けることができるはずです。

モテ男になりたければ、この2つはワンセットだと考えてみてください。オナ禁と筋トレの相乗効果で劇的な変化を感じることができるでしょう。

過度な我慢はしすぎない

オナ禁は、我慢の連続です。意識しないようにと言われても、男であれば女の子の姿を見ただけでもエッチなことを考えてしまうはず。24時間筋トレし続けるわけにもいかないですしね。

もし「もう限界だ」と感じたら、オナニーを解禁するのもOKです。
我慢のしすぎは逆に良くないですし、オナ禁を続けることにも逆効果となる場合が多くなってしまいます。

最初は続けられる日数からでOK。その日数を少しずつ伸ばしていけばいいんです。それが次第に、長期間のオナ禁へとつながります。

我慢が度を超えてストレスが溜まってしまっても意味がありません。
そのストレスが原因で女の子を襲ったりでもしたら大変ですしね。体調を崩す原因にもなりかねないので、我慢はほどほどにしておきましょう。

実は、この意識を持つことが重要なんです。
つまり、「どうしても我慢できなくなったらオナニーすればいい」と思っておくことで気が楽になって、オナ禁も継続しやすくなります。
気合を入れすぎるよりも、「ちょっとだけ我慢してみよう」という軽い気持ちくらいの方が長続きしますよ。
オナ禁の失敗やリセットについても、あまりこだわりすぎず「また1から始めればいい」という楽観的な心持ちでいたほうがいいでしょう。

エロいものからできる限り離れる

オナ禁を始める時の基本中の基本ですが、身の回りのエロいものをできるだけ取り除くようにしてください。

アダルトビデオ
アダルト動画サイト
アイドルなどの写真集
アイドルなどのポスター
アダルトグッズ

こうしたものを視界からなくしましょう。できる限り女の子とも近づかないようにしたいですね。
露出の多い女の子がいるお店や場所に行かないようにしたり、合コンにもできるだけ参加しないこと。
下ネタだらけの会話が飛び交う場にも行かないようにしましょう。
オナニーを我慢している間は、仲の良い男友達ともあまり会わない方がいいかもしれません。

全てからいきなり離れるのは難しいかもしれませんが、せめて家の中にあるエッチなことを想像させるものだけでも取り除きましょう。
性欲を抑える・なくす方法にも書きましたが、オナニーをする時はほとんどが家の中でしょうから、この点を徹底するだけでもオナ禁を継続しやすくなりますよ。

記録をつける

オナ禁を始めたら、記録をつけてみましょう。

日付
オナ禁スタートからの日数
どんな誘惑があったか
どうやって乗り越えたか
感想など

こうした記録をつけてみることをおすすめします。

オナ禁記録をつけると、自分の努力や我慢の跡が残ります。
「よし、また1日我慢できた!」と、オナ禁することに対して前向きにもなれるはず。「もう少しだけ我慢してみよう」という気持ちも出てきますよね。

何か大きな目標を達成するには、小さな目標達成を積み上げていくしかありません。
記録をつければこの日々の小さな達成感を感じることができる上、これが長期間のオナ禁の継続につながります。
また、「ここまで頑張ったのに、一瞬の欲で台無しにしてしまうのはもったいない」という気持ちにもなりやすくなるでしょう。オナ禁へのモチベーションも高まるはずです。

たくさん書く必要はないので、簡単に記録するだけでOK。記録するのが面倒だと感じてしまったら意味がありませんからね。
本当の目的は、記録をつけることではなく禁欲生活を続けること。サラッと書いて、後日見直せるようにしておけばOKです。

まとめ

オナ禁を強く意識しすぎないことが継続のコツ
オナニーしたくて我慢できなくなったら筋トレをしてみよう
オナ禁を続けるために身の回りにあるエロいものを遠ざけよう
オナ禁生活の記録をつけて達成感を味わうことも継続する方法の一つ
今後のために、リセットに罪悪感を感じないことも大切

オナ禁を長期間続けることは、とても大変です。ただ、ちょっとしたコツや方法を知るだけで、オナニーを我慢する期間を延ばすことができます。

もしオナ禁をリセットしたくなったら、してしまってもOK。ただし、おかず選びもオナニーに費やす時間も短めにしてください。
そして、罪悪感を持たないこと。サクッと終わらせて、次のオナ禁生活に備えましょう。
この気持ちの切り替えも、オナ禁を成功させるためにはとても重要なポイントになります。